無外流・玄黄二刀流 瑞鳳会

無外流とは


無外流の流租は辻月丹資茂(すけもち 幼名:兵内)。
日本人だけではなく、世界的に有名な宮本武蔵が没して三年。
慶安元年(1648年 徳川家光の世)に誕生しました。
生誕の地は近江の国甲賀郡 宮村字馬杉。

13歳の時京都に出て山口流の山口卜真斎につき、その後13年に渡り山口流剣術を学んでいます。
この間愛宕山に祈誓したり、北陸越後のあたりを武者修行で回るなど、すでに戦国の気風もどこかへ過ぎ去り、間もなく元禄を迎えようという当時の時勢を考えれば相当風変わりで遅れてきた感があったのではないでしょうか。

26歳の時兵内は師匠より山口流の免許を認可されました。
同時に江戸出府を許され、 麹町九丁目に道場を構えることになります。掲げた看板は山口流兵法。
しかし、名もない田舎兵法者として相手にされず、わずかばかりの弟子と稽古し、修行をしたと言います。

無外流と禅が切っても切れない関係になるその出会いがこの頃。 兵内は、学問と心の修養の必要を感じ、麻布吸江寺の石潭禅師に師事したのです。
学んだものは禅学と中国の古典。
その後石潭禅師が遷化されたため、続けて第二世・神州和尚について参禅。


45歳の時悟りを開き、神州和尚は師石潭禅師の名で次の偈(げ)を与えました。

一法実無外(一法実に外無し)(いっぽう じつに ほかなし)
乾坤得一貞(乾坤一貞を得)(けんこん いってい を う)
吹毛方納密(吹毛まさに密に納む)(すいもう まさに みつに おさめ)
動着則光清(動着すれば光清し)(どうちゃく すれば すなわち ひかり きよし)

これにより、兵内を改め月丹資茂(げったん すけもち)と名乗りました。
また、流名を偈よりとり無外流としたのは、元禄6年(1693年)。
ここに無外流が誕生することになりました。
元禄最大の事件、赤穂浪士の吉良邸討ち入りが元禄15年ですから、事件の9年前のことです。

20年の参禅により、一介の剣客でなく、剣者と共に禅者でもあり、学者でもあった月丹は、吸江寺を訪れる大名とも対等に語る事ができたと言います。中には小笠原佐渡守長重、厩橋の藩主・酒井勘解由忠挙、土佐藩主・山内豊昌等がいました。

師の山口卜真斉が江戸を訪れた際に、その求めに応じて居合を披露、灯明の火を抜きつけの一刀で三度消して師を驚かせたぞうです。
ときに34歳と言いますから、並大抵の方ではなかったのでしょう。

元禄9年から宝永6年(1710年)まで14年間の誓詞によると、月丹の弟子は、万石以上の大名32家、直参156人、陪臣930人。この数字は押しも押されもしない、大名が学ぶ流派となっていることを示しているでしょう。
しかし一探求者としての人生を希望していた月丹自身は、大名家から、師範役として迎えたいとの度々の申し出を断り、厩橋藩(後年姫路藩に転封)酒井家には月丹の甥無外流第2代辻右平太を、土佐藩山内家には月丹の養子で無外流第3代、後継者の都治記摩多資英を推挙し、師範役としました。また伊勢崎の酒井家(分家)磯田某も右平太に学び、その流れは挙母藩(ころもはん、現在の豊田市)の内藤家に伝わりました。
月丹61歳の時、酒井忠挙の取り計らいで、御目見得の儀として5代将軍 綱吉に謁見の許可が出たが、不運にも綱吉死去により実現しませんでした。しかし、一介の浪人剣客に御目見得の許しが出た事は当時破格の出来事でした。

剣者であり、禅者でもあった月丹は、剣と禅は一如であるとし、その内容・文章 の充実さに於いて一流とされます。月丹が著した伝書「無外真伝剣法訣並序」の末文に、「右無外真伝の剣法は禅理をもって教導致すところ、貴殿禅学御了知の上当流の剣法御懇望且つ御篤志につき…」とあり、門弟達にも参禅させ、禅学了知の上でなければこの「無外真伝剣法訣並序」を授けなかったようです。そしてその内容も禅語で表されています。月丹の没する三ヶ月前の姿は、袈裟を掛け、手には払子を持った高僧の姿で描かれているといい、また別の画には袈裟を掛けた姿ではありますが、右手に木刀を持ち、眼光鋭い剣者月丹が描かれています。

こうして家庭もつくらず一生を不犯で通した月丹は、享保12年(1727年)6月13日、 禅学の師・石潭禅師と同月同日、座禅を組み、念珠を左手、払子を右手に持って一生を閉じたといいます。ときに79歳。
遅れてきた剣豪ですが、武人として大きな足跡を現代まで残すことになりました。


玄黄二刀流とは


玄黄二刀流は、元和6年(1620年)4月28日に創設された山口流を再編纂した流派です。
(A)「最短・最速」で斬る。
(B)「出来るだけ無駄を省く動き」で斬る。
という事を主眼にしています。

山口流は、宮本武蔵の2年前(1582年)に生まれた山口右馬之助家利(号が卜真斎)により創設された流派であり、創設された当時は二刀流の形3本と大刀の形2本しかなく、後日弟子の 新富田 某が大刀の形7本、小太刀(脇差)の形7本を追加し、大刀の形を表、小太刀の形を裏と呼ぶようになり明治(1868年)まで前田藩の分家である富山藩で継承されて来ました。

二刀流剣術は一刀流よりも有利です。
宮本武蔵も「左右の腕が同じ様に使えるならば、一刀よりも二刀の方が有利である」と言っています。これは極めて当然の事であり、二刀流の剣術を稽古してみればよく分かります。

現代の剣道のように、首筋を打たれても1本(負け)と認められないのは、現代の剣道がスポーツであり、決められた所だけしか打っていないからだという事によります。

しかしながら、本来の剣術は「命の取り合い」をする剣を使っての技術です。首筋を斬られたら死にます。現代の剣道には、スポーツであるが故に「死ぬ」という事が根本思想にないのです。

私達は、剣で斬られたら死ぬ。突かれたら死ぬという当たり前の事を稽古しています。


玄黄二刀流の形の名称


居合形 (10形)

晃 雨   晶 玉   暁 星   和 光

建 礼   初 音   慶 龍   太 平

承 明   宗 源


剣術形 (45形)

(表の形)

雷     霞     五月雨   野 火

雲 漢   光 暈   静 山   顕 祥

蒼 穹   飛 翔   天 馬   虚 空

夢 幻   隆 昌   回 天   華 精

幻 影   青 狼   風 神   乾 坤

蓬 莱   塵 外   春 灯   霜 剣

豊 穣   細 波   月 魄   美 空

都 鳥   闇 烏

(裏の形)

火 焔   流 星   月 光   光 輪

白 虹   雲 彩   砂 塵   虎 穴

疾 風   子 安   朝 霧   烽 煙

陽 炎   連 枝   乱 雲


二刀流剣術その四

玄黄二刀流の心構え


天地玄黄(てんち げんこう/天は玄く 地は黄色)
宇宙洪荒(うちゅう こうこう/宇宙は果てしなく広い)
四大五常(しだい ごじょう/身は地水火風の四大からなり、心には仁義礼智信の五常を備える)
女慕貞絜(じょぼ ていけつ/女は心清く正しい行いを心掛けよ)
男效才良(だんこう さいりょう/男は才智を伸ばして才徳ある人間になれ)

無外流明思派宗家/玄黄二刀流宗家
新名 玉宗

玄黄二刀流 宗家

1948(昭和23)年10月2日大分県津久見市生まれ。
若年の頃より合気道を始めとする各種武術を学び、二十代の時、神道夢想流杖道と無外流居合兵道の師に出会う。

その後、三菱重工業株式会社に勤務するかたわら、全三菱合気道同好会の中で武道の研鑽を積み、86年、同会において杖道、居合道の指導者に就任。87年、39歳にして東京都杖道連盟を創設、杖道と居合道の一般への普及に着手する。94年には同連盟の居合修道者を中心に武道教授団体吹毛会を設立、その後、吹毛会を関東居合道連盟等の17団体に分割し、07年にNPO法人無外流を設立し、08年に財団法人無外流に組織変更。

無外流居合兵道の修道者としては86年師範、96年免許皆伝、98年範士、99年宗家継承(無外流明思派宗家の名乗りは2004年から)。他に東征流短杖護身術宗家、玉心真刀流宗家、神道夢想流杖道、内田流短杖術、一心流鎖鎌術、一角流十手術、中和流短剣術各範士八段。

13年に無外流の源流である山口流の二刀流を玄黄二刀流として再編纂。